貴船小学校PTA家庭教育セミナー
6月25日(火)名東区貴船小学校において、
今年度最初のPTA家庭教育セミナーを開催しました。
 貴船小学校PTA様からは、3年越しに
依頼されていましたが、 お互いの日程があわず、
25日(火)、やっと実現の運びとなりました。
 貴船小学校は、落ち着いた住宅街にあり、
保護者の方々の意識も高い学校です。
 そんな環境のせいか、家庭教育セミナーにも
多数の方が参加してくださいました。

 最初に、子どもの教育の原点は、親に有り。
子どもは、親の反射鏡なので、
親自身が毎日を笑顔で生き生きと、
夢と希望を持って生活していれば
子どもはその通りになりますとお伝えしました。
 そして、子どもの良いモデルになるための方法として、
最初に「笑いヨガ」の実習をしました。

 

 続いて、「美点発見」のワークを行いました。
 笑いヨガと美点発見のワークを通して、
脳のS・O・S(そう おもえば そうなる)機能、
すなわち「引き寄せの法則」の根本について
体感ワークを通して実感していただきました。
 続いて、「満月・三日月の法則」について
自分を含めて、どのような人間観を持つのか、
人間観(脳がどうおもうか?)によって、
子どもや大切な人に対する対人態度が決まってきます。
 三日月人間観でいると、「外的コントロール」を使いがちになり
大切な人を育てるどころか、意に反して「ドリームキラー」に
なってしまいます。
 しかし、前提として「満月人間観」を持っていれば、
いけないことはいけないときちんと伝えていても、
相手の個性をつぶすことなく、自分の気持ちも伝わり
本当のドリームサポーターになることができます。
 特に、子どもに掛ける言葉の力(言霊)について、
体感ワーク「後ろに引きます」で実感していただきました。
90分間、セミナー業界の「松岡 修造」を自認する
私が、「うざい」という目を一切気にせず、
熱い思い全開でお伝えさせていただきました。
ご参加いただいた貴船小学校PTA会員様は
お疲れになったかもしれませんが、
 最初から最後まで、
笑顔で、たくさんのワークにご協力いただき
誠にありがとうございました。


 さらに、セミナー後のアンケートは、
参加者38名でしたが、32枚も提出して頂きました。
 ①「役に立ちましたか」 ②「これから生かしていこうと思いましたか」
③「新しい発見はありましたか」の3項目については、
①とても31 だいたい1  ②とても30 だいたい2 
②とても31 だいたい1 のフィードバックをいただきました。
 また、自由記述欄についても、自分の考え方が変わった。
常にポジティブな言葉掛けをする。脳をプラスに使うなど
これからのより良い人間関係づくりに向けての
参考になったことに気付いてくれたようでした。
 皆様ありがとうございました。