名塚中学校ブロックPTA家庭教育セミナー
 「子どもの無限の可能性を伸ばす親の関わり方」

 10月10日(木)、南陽東中学校・飯田小学校に続いて、
3日連続の稲生小学校主催の名塚中学校ブロック家庭教育セミナー
を行いました。
 今回は、稲生小・庄内小・名塚中の3校合同のセミナーで、
参加者も100名となり、体育館で行いました。

 いつものように、脳のS・O・S機能
(脳が そう おもうと そうなる)を基に、
潜在意識領域にどのように働きかけると、
自分の脳がポジィティブ脳になるかを
体感ワークを通して、実感して頂けるように進めました。
 脳には、「暗示感応性能」(暗示にかかりやすい特性)があり、
マントラ(呪文)を唱えることで、自己イメージや自分の人間観を
代えることが出来ることを体感していただきました。
 人間は全て意味(天命)を持って生まれてきています。
その天命を実行するためには、自分は価値がある。
自分は、全宇宙を通しても、誰とも代えることが出来ない
唯一無二の価値ある存在である。
 この自己愛を持って、人と接し、人に与える。
そんなことを感じていただければと願い、話させていただきました。
最初に、笑いヨガでアイスブレイクし、
続いて、日本の青少年の現状を伝えました。

 次に、この現状をかえるための、存在承認の与え方として
「満点美点発見ワーク」をしていただきました。
 日頃使っている言葉が、脳の主語が理解出来ない特性のため、
全ては自分に返ってきていることを感じ取って頂けたと思います。
 続いて、三日月・満月人間観によって、
自分の言葉に、どのような波動が生じているかを
「言霊実感ワーク」で体感していただきました。

そして、ハーバード大学75年の調査研究により
発見された「人生の成功のカギ」をお話しし、

最後に、「僕を支えた母の言葉」を視聴していただきました。
ワークの時は、体育館の座席の前後のスペースに
移動して行っていただきましたので、
立ったり座ったり、場所を移動したりと
大変忙しいセミナーになりました。
 しかし、100名もの方が、笑顔で
ワークを楽しんでいただける様子はとても素晴らしいものです。
 今回のセミナーでは、稲生小学校の母代さんはじめ
PTA役員の方々の並々ならぬご尽力で、
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ご参加いただいたPTA会員の皆様、誠にありがとうございました。