千種区大和小学校児童講演会                    「可能性は無限大・私の未来は青天井」                  7月1日(月)、昨年の5・6年生に続いて、
今年は、4・5年生を対象に児童講演会を行いました。
 日本の青少年は、他の国の青少年に比べて、
自尊感情が低く、将来についても夢や目標を持てない
という傾向が非常に高いことが
青少年の国際意識調査から分かっています。
 私はこれまで、「可能性は無限大、私の未来は青天井」
という演題で、多くの小中学校で講演させていただいています。
今回は、昼食前の4時間目ということもあり、
45分間でお話しさせていただきました。
 しかし、できるだけ体感ワークをと考え、
まずは、脳のS・O・S (そう・おもうと・そうなる)機能
について話しをして、「伸びる・伸びる」「褒める言葉の力」
の「体感ワーク」してもらいました。

 大和小学校の児童はとても素直で、
私の指示に従って、ペアで自分の指が
伸びたり・縮んだりする現象や
自分に掛ける言葉によって体内エネルギーが
増減したりする現象に、大喜びしてワークしてくれました。

 次に「目標の力」について、若い先生にサポートしていただいて
目の前で前向きパワーが大きく変わる現象を見てもらい、
その後、ペアで実際に体感ワークをしてもらいました。
普段何気なく使っている言葉には、
ものすごい力(言霊)があるということを
しっかり捉えてくれました。
 また、明確な目標を持つと
自分でも考えられない力が発揮できる
「エネルギーが変わる」体感ワークにはとても驚いていました。

 最後に、5年生は、中津川の生活、4年生は秋の運動会に向けて、
クラスで一丸となって取り組むことができるように
「涙の十段跳び」の映像を観ていただきました。
そして、クラスで円陣を組んで、全員でクラス団結の宣言をして
「できる・できる」ワークで心を一つにしてもらいました。

 最後に、私からのお願いで、全員で「可能性は無限大・私の未来は青天井」
を動作を付けて大斉唱してもらい終了しました。  

 始めは、けげんな表情の児童達も
時間が経つにつれ、全員が笑顔でペアワークに取り組んでくれて、
最後は、全員が心一つになった満足感に浸ることが出来ました。
 大和小学校の4・5年生のみなさん、
暑い中、とても素晴らしい時間をありがとうございました。
 また、昨年に続いて、要請していただきました
大和小学校の校長先生始め先生方、
誠にありがとうございました。