9月19日(木)2学期最初のPTA家庭教育セミナーを
中村区の稲西小学校でさせていただきました。
稲西小学校は、昨年に続けて、
2回目の家庭教育セミナーで、
若干内容を変えて臨みました。

最初に笑いヨガでアイスブレイクした後、
満月美点発見を行い、自分の脳に、
人は全員満月、完全・完璧・まん丸を植え込んでいただきました。
 そして、人の性情のうちで最も強いのは、
他人に分かってほしいと渇望する気持ちである
(デール・カネーギー)を伝え、条件付き承認ではなく、
存在承認を求めていることをお伝えしました。

後は、言霊の力、
脳のS・O・S(脳が そう おもうと そうなる)機能、
満月人間観を前提にするための「マントラ」とその唱え方、
これらの内容を、ちしきではなく、
体感ワークを通して、身体で感じていただきました。

  最後に、ハーバード大学75年間の研究調査による、
物心両面で豊かさを得ることが出来る
「幸せの鍵」について、お話させていただきました。
 しかし、調子に乗りすぎて、話しすぎたため、
最後に予定していた越塚隼人三さんの「命の授業」
の映像を観ていただく時間がなくなってしまいました。
私の時間管理のミスです。ごめんなさい。
今回の家庭教育セミナーでは、校長先生・教頭先生も
最初から最後まで参加してくださり、
30名ほどのPTA会員の皆様と一緒に、
笑顔でワークに参加してくださりました。
私にとっても、終始笑顔の楽しい90分でした。
稲西小学校の皆様、ありがとうございました。

セミナー後のアンケートは22枚提出していただきました。
役にたった。学んだことを生かしていこうと思う。
新しい発見や気づきがあったの3項目について、
21名の肩は、すべて「そう思う」というお答えをいただきました。
しかし、お一人、
ほとんど思わないという回答をしてくださった方がみえました。
 申し訳ないという気持ちです。
なぜ、そう感じられたのか? 選択項目の下の自由記述欄も空白でした。
無記名なので、お聞きすることも出来ませんが、
何か機会があれば、教えていただけたらと願っています。